2017年1月23日月曜日

チェロソナタ ニ短調

チェリストのリサイタルに行く。先月に引き続き二度目である。プログラム一曲目に放たれた、ドビュッシーの最晩年に書かれた『チェロソナタ ニ短調』は、技巧的かつ多様なチェロの奏でによる、未だかつて耳にしたことのないような、ある種この世の果てを思わせるような曲で、家に戻ってから居ても立ってもいられぬ感情、それはつまり歓びを授かる。冒頭のピアノの旋律に絡むように立ち上がるチェロの響き。しばし瞬きを忘れて聴き入る。素晴しき曲との出会いに、幼き頃の自身を照らし合わせる。物心がつき始めた時分から、音楽を純粋に好んで生きてきた。奏者が居る限り、わたしの夢は果てない。大阪フィルチェロ首席の近藤浩志さん、ありがとうございます。


0 件のコメント:

コメントを投稿