2017年1月25日水曜日

沈黙

言及させていただくと、わたしのこのインターネット上のものの何分の何かはフィクションであり、何分の何かはノンフィクションである。報告や連絡や相談、というより、書くこと、に重きを置いている、ただそんな風のような他愛もない事実と創造である。だから、驚くことなかれ、あなたはただ読むだけでいい、それでいい。この世界が甘ったるい限り、わたしは出合うものに虜になってゆく。甘い世界に微塵も興味を示さず、自分の内にゆく。そんな世界、いや、世間との距離を、言葉にする。そうでしか得られない快楽、触れることのできない身体、甘えることを受容しない時間と事象と距離。そして昨日右腕を強打した。腫れ上がる腕、痛い。

0 件のコメント:

コメントを投稿